スポンサーリンク

ローソンでロカボのお菓子を探すとチョコとナッツの商品やパンのロカボにも出会える!適正糖質を知ってお菓子を楽しもう

スポンサーリンク
食品

ダイエット中や糖質制限をしている方はお菓子が食べたい!という欲求をどうやって解消しますか?

「ダイエット中だしガマン!」「糖質制限しているからガマン!」という気持ちは後に食欲が爆発しかねません。

ローソンにはパンやチョコ、ナッツなど様々な種類のロカボ商品があります。

ローソンのロカボお菓子にはロカボマークがはっきりと表示されていて糖質量がわかりやすく、一日の適正糖質の目安となります。

私は体づくりに気を付けているので甘いものを食べたい時や小腹を満たしたい時に摂取するものに敏感になることがあります。

ローソンのロカボマークのお菓子はパン、チョコなどのカテゴリに対して種類が豊富に展開されいるのも魅力です。

「チョコだとこれしか食べられない」ではなく「どれにしようかな」と選択肢が多い方が楽しいです。

ダイエット中でも楽しく食べられるおすすめのロカボお菓子を紹介します。

ローソンのロカボお菓子の商品の選び方とおすすめ

ロカボオフィシャルサイト

ローソンではロカボマークと呼ばれるマークを表示した商品の取り扱いがたくさんあります。

(前略)食・楽・健康協会が掲げている、世の中の人々に「おいしく、楽しく食べて、健康に」なっていただきたいという理念のもと、「おいしく楽しくく適正糖質=ロカボ」をさらに普及させてくために作成されたマークになります。(後略)

ロカボオフィシャルサイト

このロカボマークを目安にお菓子を選ぶことで自分が摂取するであろう糖質の量がわかります。

ロカボというのは1日の摂取糖質量を70g~130gと考えて、緩やかに糖質をコントロールしていくことを言います。

糖質は体を動かすための貴重なエネルギー源となるので摂取することは大切ですが、逆に摂りすぎてしまうと脂肪となって体に蓄積されてしまいます。

1日3回の食事と1回のおやつタイムを作るとしたら食事では20~40g、間食で10g程度の糖質コントロールをしていくのが理想的です。

ローソン公式サイト

ロカボマークの横に表示されている糖質を見ると一袋を全部食べても9.6gいうことになります。

10g程度の範囲内で考えるとバッチリな商品だね

私は商品棚に並ぶお菓子を目で追いながらロカボマークを探してお菓子を選ぶことが多いです。

目印となって探しやすいですし他のお菓子を自然とスルーするのでロカボだけを選ぶことが出来ます。

また、ロカボの糖質表示の隣に食物繊維の含まれている量の表示があります。

ダイエット中に不足してしまいがちな食物繊維も含まれているものが多く、一目でわかるデザインなのはダイエッターにはとても助かりますね。

私がおすすめのロカボお菓子は枝豆チップス

ポテトチップスが恋しいときのおすすめローソンのロカボお菓子といえばパリパリ食感の枝豆チップスです。

こちらは私が体作りを始めたころに「ダイエットしていても食べられるお菓子」としてダイエット情報などで知りました。

豆にはタンパク質が豊富に含まれていることから積極的に枝豆を食事で摂っていたので、ローソンで見つけるとすぐに買って食べました。

エネルギー糖質食物繊維
154kcal8.7g18.1g
1袋当たりの栄養成分

内容量が38gもありますが、カロリーが154kcalと低く、糖質も8.7gで食べた時の満足感が得られます。

ダイエット中についついポテトチップスのような塩味のあるものが欲しくなったときにピッタリでした。

枝豆から作られているからなのか食べていくとお腹が膨れる感覚があるので、糖質的には一袋食べてもOKですが、半分くらいで私は満足できました。

枝豆の風味が苦手な人にはおすすめできませんが、かじった後に鼻に抜けてくる枝豆の匂いも私のお気に入りポイントの1つです。

食物繊維もしっかり含まれていて嬉しいお菓子だね

ローソンのロカボが叶える!チョコを食べたい時はこれ

疲れた時や食後のほんの一口だけなど、チョコレートが食べたくなる時がありませんか?

ナッツとチョコの食感を楽しみながら咀嚼(そしゃく)回数を増やし満腹感を得られるのはピスタチオクランチチョコです。

普通のカカオのチョコレートも好きなのですがピスタチオと聞くと思わず食べたくなってしまいます。

ナッツでありチョコでもあるというところが一度で二度味わえて心を惹かれます。

エネルギー糖質食物繊維
192kcal5.7g8.9g
1袋当たりの栄養成分

私は甘いものが大好きなのでチョコレートを食べたい欲の波がしばしばやってきます。

ついつい食べてしまったと罪悪感を感じるよりもパクっと食べてしまう方が心地良いですよね。

一袋食べても平気なのはダイエットの強い味方ね

またイヌリンと呼ばれる水溶性の食物繊維も使用されているのでお腹の調子を整えてくれるという期待も持てますよ。

指先と大きさを比較すると小さすぎず大きすぎずで2~3粒食べて満足できるサイズです。

チョコレートだけでなく砕いたアーモンドが合わさっているので食べ応えもあってとっても美味しいです。

またジッパーが付いているのが嬉しいポイントで好きな量だけ食べて封を閉じられるのでバックなどに入れて外出先にも持って行くことが出来ます。

私は仕事用のカバンに忍ばせて休憩中に食べたり、棚に保管しておいて食後の食器の後片づけの時に食べたりします。

ローソンのロカボお菓子でチョコレートを食べたい気持ちが満たされます。

ローソンのロカボはナッツ類も美味しい

小腹がすいた時にカリカリと食べ応えがあり、甘いものを食べたい気持ちを満たしてくれるロカボのお菓子と言えばナッツです。

咀嚼(そしゃく)回数を増やしながらお腹を満たせる、ローソンの黒糖ナッツ&ナッツがおすすめです。

一粒、一粒は小さくてどんどん口に運びたくなるのですが甘さも手伝って水分が欲しくなるので満腹感が早めに得られます。

エネルギー糖質食物繊維
252kcal7.1g3.9g
1袋当たりの栄養成分

ナッツなのでカロリーは少し高めの252kcalとなっていますが糖質が7.1gで糖質コントロールとしてはバッチリです。

また、こちらもジッパーが付いているので好きな量だけ食べられて保管が出来るので便利だなと感じました。

私は普段は素焼きのナッツを食べているので、この甘みがしっかりついたナッツは時々のご褒美として食べています。

チョコレートの甘みとは少し違う和菓子に近いような優しい甘さでほっこり気持ちが満たされるナッツです。

ナッツ類にはビタミンEが含まれており大正製薬のホームページによると嬉しい効果が期待できることが表記されていました。

(前略)ビタミンEは細胞膜に多く含まれる不飽和脂肪酸が酸化して有害な過酸化脂質に変わるのを防ぎ、細胞や血管の健康維持、老化予防に力を発揮します。(後略)

大正製薬ホームページ

私は意識的にナッツを摂取するように心掛けているので老化予防の効果に期待しつつ元気に動ける体づくりに役立てているということだと自信が持てました。

また食べる時に何度も噛むことで満腹感が得られるので食べ過ぎの防止にもなります。

適度な咀嚼(そしゃく)回数が得られて甘味でも満足できるのはダイエット向きのロカボ商品だと思います。

ローソンのロカボはクッキーを食べたい気持ちも満たせる

コーヒーと一緒に甘いクッキーが食べたくなる日がありますよね。

チーズケーキが手軽に食べたい時におすすめしたいのは、おからのベイクドチーズクッキーです。

糖質を気にしているとなかなか手が出せないケーキですが、砂糖や小麦粉の量が少なく作られるチーズケーキはまだ食べてもいいかなと思える種類のケーキです。

そのチーズケーキがクッキーに変身しているとなると手を伸ばしてしまいますよね。

エネルギー糖質食物繊維
168kcal8.3g7.1g
1箱当たりの栄養成分

こちらのクッキーはザクザクとした食感ではなく「チーズケーキをそのまま焼きました」という少し柔らかめの食感のしっとりクッキーです。

チーズケーキが好きな人は思わず棚から手に取ってしまう商品ですね。

私のおすすめポイントは材料におからが使われているところです。

原材料名の並びは使われている分量が多い物から表示されて順に表示されています。

この場合、一番多く配分されているのはクリームチーズと言うことになります。

表示を見てみると、もちろん小麦粉も配合されていますが分量的にはおからの方が多いのがわかります。

おからは大豆から出来ているので腹持ちがよくタンパク質も摂取できるのでおすすめです。

栄養成分表を見るとそこまでタンパク質は入ってないね

タンパク質が摂れる!と思っていましたが、そもそものクッキーが少量の為2.9gとそんなに多くは摂取出来ませんでした。

こちらはパウチではなく箱で包装されていて高級感を感じられるようにも思います。

しっとりと柔らかいクッキーで美味しいのですが、量的にちょっと物足りないかなとも思いました。

ローソン公式サイト

他にも同じロカボお菓子でノンシュガーのビスケットもあります。

ノンシュガーの為、糖類ゼロ、砂糖もゼロであり、カロリーが86kcalと低めです。

一口サイズのかわいらしいクッキーが10枚入っています。また全粒粉を使ってあり食物繊維も摂れるクッキーです。

ロカボお菓子でクッキー1つのジャンルにしても種類があるのは嬉しいものです。

ローソンのロカボお菓子でクッキーを食べたい気持ちを満足させられますね。

ローソンのロカボのパンで揃える朝ごはんのおすすめ

ローソンのロカボ商品の個人的なおすすめは多く種類のあるパンです。

その中でも糖質を気にしていたことを忘れてしまいそうになるのが、もち麦のあんフランスパンです。

私はパンが大好きなのですが体づくりを考えるようになってから、しばらくはパンを食べることをやめていました。

ダイエットや体づくりの情報をたくさん調べるようになってローソンに糖質を気にせずに食べられるパンがあることを知りました。

シンプルなパンだけでなく選択肢がたくさんあったのも魅力でした。

しかも私の大好きなあんことバターの組み合わせは見つけてすぐに手に取りました。

エネルギー糖質食物繊維
104kcal7.7g6.7g
1個あたりの栄養成分

あんこの甘さとバターのと少ししょっぱい味の組み合わせ、美味しいですよね。

こちらはバターを含むマーガリンなのでバターのもったりした食べ心地よりは少し軽めの印象です。

またフランスパンと言うと硬いイメージを思い描く人が多いと思いますが、もち麦が使われておりかじりついてしっかり噛み切れる程度の柔らかめのパンです。

お菓子としてや軽食として食べるのにもピッタリではありますが、忙しい朝の食卓にロカボのパンを並べることをおすすめします。

ロカボ商品が気になる人は食事の質が気になっている人でもあると思います。

食パンや菓子パンを食べて朝食としてしまうよりローソンのロカボパンを組み合わせることで体のためになる朝食を作ることが出来ます。

ローソンのロカボパンに以下のおすすめ食材をプラスすることで健康的な朝食に近づけますよ。

  • ゆでたまご…タンパク質豊富な完全栄養食です
  • サラダチキン…食べ応えもありタンパク質を多く含みます
  • ヨーグルト…お腹の調子を整えてくれます
  • コーヒー…脂肪燃焼効果があります

ゆでたまごやサラダチキンはローソンのロカボ商品としての取り扱いもあるので、それを組み合わせると手軽さがアップしますね。

お菓子としては少し離れてしまいしたが、ローソンのロカボ商品を使って手軽に健康に気を付けた朝食を試すことが出来るのは魅力的ですね。

まとめ

  • ローソンにはパンやチョコ、ナッツなど様々な種類のロカボ商品がある
  • ロカボというのは1日の摂取糖質量を70g~130gと考えて緩やかにコントロールしていくこと
  • ローソンのロカボお菓子にはロカボマークがはっきりと表示されていて糖質量がわかりやすく、一日の適正糖質の目安になる
  • 間食では10g前後の糖質にコントロールするとよい
  • ローソンのロカボお菓子には不足してしまいがちな食物繊維も含まれているものが多い
  • ローソンのロカボお菓子ではパリパリ触感の枝豆チップスがおすすめ
  • ピスタチオクランチチョコにはイヌリンが配合されておりお腹の調子を整えてくれる期待が持てる
  • 黒糖ナッツ&ナッツは適度な咀嚼(そしゃく)回数と良質な脂質がおすすめのポイント
  • おからのベイクドクッキーはおからが配合されてているので腹持ちがよい
  • ローソンのロカボパンで健康に気を付けた朝食が揃えられる

ローソンに行くと目にするロカボ商品ですがたくさんの種類があって、まさに「美味しく楽しく適正糖質」の生活を叶えてくれるものばかりでした。

ほんの少しだけ気にしながらたくさんの選択肢を楽しむのはわくわくしますよね。

ローソンのロカボお菓子で美味しく楽しいご褒美タイムを過ごせるといいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました