Saku
色々辛いことあるけどさ、前を向いて生きていこうよ。

こころとからだの悩み

ギャンブル依存症患者の賭け方がどれほど馬鹿らしいかを説明してみる

勝者は限りなく勝利を確実なものに近づけてから戦いに挑む

ギャンブラーにはかっこいいイメージもあると思うんですよ。

さすらいのギャンブラーのように、自由気ままに流れ生きていくだとか、命知らずで危険な賭けに出るだとか。

でもそういうのはギャンブラー本人が勝つべくして勝つからかっこいいんですよね。

100%運頼みの一か八かの賭けに出るのは少し違うわけです。

戦略的なギャンブラーは勝利に向けて少しでも有利に働くように仕向けておくとか、敗北要因を除外しておくとか、勝つ可能性を少しでも高めておいてから勝負に挑むのです。

そうして手にした勝利は努力の賜物でもあるわけです。

福本伸行氏の漫画「カイジ」などはそんな感じでしょう。

 

強迫的ギャンブラーは賭けること自体に満足する

しかし強迫的ギャンブラーまたはギャンブル依存症患者は違います。

彼らは勝つ見込みのない戦いをします。

ただ賭け事をしたい、勝負をしたいだけなのです。

パチンコやパチスロで適当な台に座って勝負をするのは、勝てそうな台が見つかるのを待つことができないのです。

そして大負けします。

 

彼らの財布には間違いなく大きな穴があいています。

そうとしか思えないぐらいにお金を次から次に失っていきます。

彼らのもとに行くことになったお金たちはかわいそうです。

ろくでもない浪費をされ、捨てるかのごとき扱いを受けるのですから。

簡単なくじに例えてみると

例えば、100円を払ってくじを引き、当たりが出れば1000円もらえるとしましょう。

この場合、10枚に1枚当たりが入っていればギャンブラーは理論上、損も得もしません。

10回くじを引くために1000円払っても、10回に1回は1000円を手にすることができる計算だからです。

もちろん一回目で当たりが出たら得をしますし、何回くじを引いても当たりが出ないことも有り得ます。

期待値はプラスマイナス0円ということで、くじを引くメリットは無いと言えます。

 

期待値プラスの場合

次に、5本に1本当たりが入っている場合を考えてみましょう。

この場合、5回くじを引くために500円を払っても、5回に1回当たりを引くことが見込めるためくじを引けば引くほど儲かる計算になります。

この場合くじを無限に引くことができれば大金持ちになれます。

このような勝ちが見えているような勝負に徹する者もギャンブラーの中にはいます。

彼らがしている勝負はギャンブルというよりは投資に近いものだと言えます。

彼らはギャンブルに対して興奮しません。

ただ冷静に「仕事」として期待値プラスの行動を積み重ねるのです。

 

期待値マイナスの場合

最後に、20本に1本しか当たりが入っていない場合を考えます。

この場合、20回に1回にしか当たらないので負けは明白です。

やっと当たりを引き当てて1000円手に入れたときには2000円(くじ20回分)使ってしまっているのが普通なのですから。

この勝負は、期待値大幅マイナスです。

 

もちろんこの勝負に挑んだからと言って負けが確定するわけではありません。

運よく1回目や2回目で当たればプラスになるわけですからね。

たまたまうまくいくことはあるでしょう。

でも、いつもそうなる訳ではありません。

長い目で見て、ずっとこのくじを引き続ければ必ず損をします。

それが期待値マイナスの勝負です。

 

自ら進んで負けにいく人

ところで、上に挙げた中で3つ目の期待値マイナスの勝負を繰り返す大馬鹿者がいます。

それがギャンブル依存症の人です。

彼らは期待値マイナスの勝負でたまたま勝ったとき、それは運のおかげでなく自分の実力だと錯覚します。

そして、長い目で見たときに自分のお金が減っていることに気付かないのです。

彼らは目先の勝負にしか注意が向かないので、期待値がマイナスで不利な状況でも「実力」とやらでその困難を克服しようと考えます。

だから、高い金利を払って借金してでも、テラ銭を取られても構わず勝負します。

彼らにとってはその日勝てばそれでいいのです。

大負けしても、次の日にはもう忘れています。

 

賭けたいだけの人はどんなに不利な条件でも勝負をしてしまいます。

それは、ギャンブルをすることが依存症の人にとっては快楽を得る行為だからです。

最終的には勝とうが負けようがどちらでもいいのです。

この世にあるギャンブルは全てプレイヤー側が勝ちにくいようにできているので、有利な条件に拘ると勝負をする機会が減ってしまいます。

だから、そのあたりには目を瞑ってごまかし、己の腕一本で勝とうとし、玉砕していきます。

負けへの行進を始める前に

ギャンブル依存症の人は賭けへの歩みを始めたら止まれませんから、とにかくギャンブルを己から遠ざけることが大切です。

上記で説明したようなことは頭では理解できても行動に反映できませんからね。

悲しいですが、ギャンブルをコントロールして適度に楽しむことができないのがギャンブル依存症なのです。

自分のギャンブルを止められない人はまずは自分が依存症だと自覚し、いったんギャンブルから離れるようにしましょう。

意思の力でやめることなどは不可能な病気なのでできれば第三者を頼りましょう。

例えばギャンブラーズアノニマスに行けば同じような仲間がたくさんいますので、自分の行動に歯止めをかけやすくすることができます。

-こころとからだの悩み

Copyright© メンタルチア~Mental cheer~ , 2019 All Rights Reserved.