トレンド・音楽・文学など生活に密着した雑記ブログ

Saku's lifehack

トレンド

千葉県と福井県と栃木県の!ドライブインの名物メニューを紹介

投稿日:

7月11日、日本テレビのnews every.の夕方6時15分からのevery.特集で取り上げられたドライブインの名物グルメを紹介した取材内容。

このコーナーは好きでいつも欠かさず見ているけど、今日のは特に面白かったから紹介する。

ドライブインというと車で旅行した時ちょっと一息という所で寄るのが楽しみな場所。

でも、大抵混み合っていて味よりも空腹を満たすために必死に並んで食べたという思い出しかなかったんだけど、この特集を見てもっと楽しまなきゃと思ったよ。

永田ドライブイン

まず一つ目に紹介されたのは千葉県の房総半島に位置する永田ドライブイン。

観光地だとレイクウッズガーデン・ひめはるの里が近い。

威勢のいい姉、そして弟で人気料理を作る店。

姉が板前「とれたて新鮮おすすめになってま~す」と美声で呼び掛ける。

「ま~す」がなんか良いな。

刺身定食は本当に分厚い刺身。

姉はお客さんの事を考えるとつい分厚く切ってしまうと話す。

弟は揚げ物担当でとっても大きなアジフライが美味しい満足度やはり120%。

大アジフライ定食と“大”が付いちゃうんだなこれが。

マヨネーズが食欲をそそるね。続いては福井県のドライブインよしだ。

若狭湾も近いけど三大五湖・三月湖が窓からの視界に広がり絶景を楽しめるのも嬉しいね、行きたいな~。

メニューは何と20種類もあるというからスゴイ!

大正時代から愛される郷土料理のソースカツ丼、そして8割の人が注文するというイカ丼は絶対食べてみたいところ。

どんぶりから溢れ出るイカの量、中央にはポッとうずらの卵も乗っている。

タレはワサビを生かしたしょうゆベース。

若狭湾でとれる色々な種類のイカを使いたいという2代目の願いから生まれたメニューだという。

試行錯誤の結果山芋と大葉とコラボさせることになったという。

ここはツーリングスポットなのでお客さんはバイクで立ち寄りSNSに投稿し人気が出るという流れになってるらしい。

 

ドライブイン扶桑

続いては栃木・小山市の昭和の趣があるドライブイン扶桑。

74歳の女将さんが中心にきりもりする。

調理の合間にお客さんへのリップサービスも欠かさないという。

人気の理由はボリュームがあることだって。

焼肉定食はすり下ろしたタマネギの入った濃厚なタレが食欲をそそる一品。

店の名物メニューは恐ろしいほどに野菜が盛り上げられたタンメン。

ぶなしめじ、ニンジン、キャベツ、小松菜、もやし…すごい量。

野菜たっぷりタンメンというそのまんまの名前。

毎朝鶏と豚と野菜を煮込んで作るスープはここでしか食べられない絶妙な美味しさだという。

1人前約1キロを大きな鍋で一回一回作るという74歳のコダワリには驚くしかないという所。

この店2015年北関東豪雨の際には水位が1メートルくらい押し寄せてきて水没の危機に見舞われるも、親戚や知人の復旧の助けがあり閉店を免れたというから本当にありがたい話だ。

女将さんは恩返しの意味も込めてタンメンの野菜をさらに増やしたというから涙をさそう話だ。

ぜひとも、特に用事がなくてもこのドライブインには行ってみたいと思う。

-トレンド

Copyright© Saku's lifehack , 2019 All Rights Reserved.