Saku
色々辛いことあるけどさ、前を向いて生きていこうよ。

毒親

家庭外での毒親の行動から見える下劣な人間性

毒親の価値観とともに育った私ですが、今回、その価値観による行動を受けた普通の人がどう思うのかについて考察していきたいと思います。

嫁になる人に対するありえない言動

母は、妻と会って間もないうちから、色々なことを言ったようです。

例えば家柄がどうのこうの、うちはこんな家系ですがお宅はどうかしら?釣書を持って来て!、とこんな具合です。

うちは、普通のサラリーマン家庭なので、家柄どうのこうの言う立場にないんですけどね…

どんなに素晴らしい家系だと思ってるんでしょうか。

 

そういえば祖母が家系の自慢をよくしていて、祖父母が元教師で、親戚が~大学出で、大学教授だの判事だのも居るとよく言っていましたが。

まさかそれを外にそのまま言って通用することだと思っているんでしょうか?

そんなに自慢にもならない、というのもそうですが、これから親しくしましょう!という相手にそんなことを言うのは何を考えているんだという話です。

 

Saku
そんなあからさまな自慢行為をしてもな、って感じです。

 

他にも「血筋が~、釣り合いの取れたもの同士の結婚が~、」など色々言っていたようです。

結婚前から上に立ってコントロールの準備をするとはいやはや、恐れ入りました。

母は私には「あの子隠し子でもいるんじゃない?」とまで言っていました。

まったく、失礼極まりない!

 

Saku
自分の家系が相手より上だという大前提でもあるのでしょうか…
発想もアレですが、思ったことポンポン言い過ぎ!

 

毒親の行動のマネはしなくても、考え方は学習する子供

恐ろしいのは、私は母から釣書だの、家柄だので家の外の人を圧倒していくことは習いませんでしたが、母がそうしていることを知っても何の感情もわかなかったことです。

母が行うことには違和感を感じないようになってしまっていたのです。

 

 

私は妻からこのことを言われて、はっ、と考え直しましたが、私も毒親化する準備ができていたということでしょう。

一事が万事、母の言うことやることに何の異も唱えない私は妻の目から見れば母の肩を持つ毒親一家の一員に見えたと思います。

私が知らず知らずのうちに母の味方をすることで本当に何度も喧嘩をしました。

母のおかしいところをおかしいと思えなかったのが実際のところですが、大人として言い訳の余地はないでしょう。

 

なお、妻は私の脱毒親の最大の協力者です。

毒姑(私の母)と毒夫(私)の攻撃の被害を受けながらも私に毒親の存在を教え、私が変わるためのチャンスを与えてくれました。

そうして私は普通の人の思考に近づいていくことができました。

そのことにとても感謝しています。

-毒親
-

Copyright© メンタルチア~Mental cheer~ , 2019 All Rights Reserved.