ホーム 『日本全国津々うりゃうりゃ〈休暇強奪編〉』宮田珠己 第20回 鹿児島2 Page 6

仁王も似たようなところがある。

鹿児島の仁王は、京都や奈良の山門に立つ仁王と違い、その洗練のされなさゆえの素朴さとユーモラスさと不気味さがある。

その後もわれわれは仁王を探しながら大隈半島を南下したが、見た仁王は、これとか、

志布志市上床神社
志布志市上床神社

こういうのであった。

鹿屋市市成
鹿屋市市成

やはり不気味さのスパイスが紛れ込んでいる。面白さと不気味さは、紙一重のところにあるのである。



『日本全国津々うりゃうりゃ〈休暇強奪編〉』の連載は、今回が最終回です。
ご愛読ありがとうございました。
近々、「鹿児島」の続きを加えて、書籍化いたします。
また、新連載も準備中です。
お楽しみに。


前のページ

目次へ

「日本全国津々うりゃうりゃ〈休暇強奪編〉」宮田珠己
第20回 鹿児島2

目次  1   2   3   4   5   6