ホーム 『日本全国津々うりゃうりゃ〈休暇強奪編〉』宮田珠己 第18回 四国横断4 Page 2

落合集落を後にしたわれわれは、早明浦(さめうら)ダムまで走りそこで1泊した。

ちょうどこのあたりが四国のど真ん中である。

早明浦ダムには前々から一度来てみたかった。なぜかというと、渇水になると湖底に沈んでいる役場の建物が姿を現すシュールな光景が見られるからだ。テレビのニュースで見てファンになり、以来早明浦ダムの水位の変動にはずっと注目してきた。

ネットでグラフを見て、水が減ったり増えたりするそのダイナミックな動きに勝手に興奮してきたのだった。このたび現場に来ることができて感無量である。

本当はその湖底の役場が見たいけれども、現時点では水はたっぷりあり、役場は出ていなかった。役場が見られるときは四国が水不足ということだから、おおっぴらに役場が見たいとは言いにくいが、本音は見たい。決して水不足を待望しているわけではないので地元民は軽やかに聞き流してほしいが、なぜもっと役場を出さないか。役場見たいっちゅうに。

いっそ今からでもその役場を高層ビルに建て替えてくれないだろうか。そうすれば満水時にも建物が見えて納得できるはずだ。

使わないビル建ててもしょうがない、という意見もあろうが、観光的には相当なインパクトがあるはず。新しく建てるのが無理なら、余ったビルをもらってきて湖に突き刺すのはどうか。ビルが3,4本も湖面から突き出ていれば、物珍しさで世界中から観光客が集まるだろう。もし世界の観光客が集まらなくても、私が集まるだろう。

早明浦ダム希望図
早明浦ダム希望図

前のページ

次のページ

「日本全国津々うりゃうりゃ〈休暇強奪編〉」宮田珠己
第18回 四国横断4

目次  1   2  3   4