毒親育ち

毒親サバイバル

2020/5/31

漫画「毒親サバイバル」(菊池真理子:作)の感想・ネタバレ有り

毒親育ちにインタビューした内容を漫画に case1の主人公はこの漫画の作者でもある菊池真理子さん。 この漫画以外に「酔うと化け物になる父がつらい」も菊池さんの作品です。   ↓作者の菊池真理子さんへのインタビュー記事です↓ 東洋経済オンライン  52 users 109 pockets家族の絆を美化する「毒親ポルノ」の怖いワナ | 家庭――「毒親」という言葉が広がりつつあります。今回、『毒親サバイバル』というタイトルの本を出しましたが、私は「親」の本を... &nb ...

2020/5/31

アダルトチルドレンが職場での人間関係に疲れないようにするには

今回の文章は主観で書いているから若干わかりにくいかも知れません。 私は今感情的になっていると思うし、あえてそれを発散させるつもりで書きます。 リンク AC本人も悪いが、それを利用する周囲も悪い ↑この見出し、私がアダルトチルドレン本人の反省として言っているだけで、周りがあいつはアダルトチルドレンだからあいつにも悪い原因がある、という資格はないとはっきり言っておきます。   アダルトチルドレンは職場内での人間関係に感情的に入れ込むほど磨り減っていき、心が萎えていきます。 これは基本的にアダルトチル ...

2019/9/20

「母と息子」セットの毒親・ACが少ない理由 マザコン問題

世間で語られる毒親の被害者は大概女性です。 有名な漫画、テレビに出てくる毒親育ちを見て私は毒親のパターンを学習してきました。 ですが、男性が母親を毒親認定し、語っているところはあまり見たことがありません。 では男性にとって毒親問題は縁が薄いのかというと、そうでもないと思います。 そこには声を上げるまでに至らない理由がたくさんあるのです。   男性、女性という違いはありますが、ここでは性差の決め付けはしないようにして現状、男性が毒親問題へあまり関わらないことの理由を考察してみたいと思います。 &n ...

2019/9/20

他人との勝ち負けに拘る人生を卒業しよう 大切なのは自己肯定感

何に対して勝ちたいの? 家庭内では家族間での力関係に神経質になり、外でもできるだけ自分が他人より勝っているところを探し、隙があれば他人をこき下ろす。 幼い頃から人間性を見ずに雑に育てられてきた子どもは自己肯定感が全く育たず、他人との関係性が自分の価値のようになってこんな困った人間になるんですね。 勝ち負けを競っているわけではないのに「勝った!」とか「負けた!」などと言う人っているでしょう? それに対して周りの人は「勝ち負けの問題じゃないだろう」と言うのですが。   実はこれは私の話で、勝ち負けで ...

世界仰天ニュース 毒親

2020/6/8

テレビで毒親が取り上げられた件 ザ!世界仰天ニュースにて

毒親育ちと、毒親本人も登場! 11月20日に、日本テレビの「ザ!世界仰天ニュース」で毒親を取り扱った話が放映されました。 毒親対策に協力的な妻が録画しておいてくれたので遅まきながら視聴しました。 毒親育ちとして出演していた宮澤さんはツイッターで私がフォローしている方でした。   放映時はお母さんと仲良さそうだったので現在は毒親問題を卒業しているのでしょうか? 私達のような毒親育ちからすれば毒親との問題は永遠に解決ができないほど難しい問題だと考えがちですが、私は必ずしも毒親との関係が改善できないと ...

他力本願

2020/5/31

毒親育ちの大きな特徴は他者に依存する「他力本願」

毒親育ちの子は自分の力で何かを成し遂げるという経験が少ないですから、自然と自分以外の何かにすがることが多くなります。 「チャレンジ」という機会を奪われてきた身ですからね。 母親など他者に依存することで生きていけるのです。 自分で何かをしようなどということは空々しい気持ち以外の何物でもありません。 親も子も待ちぼうけの阿呆 「誰かが何とかしてくれる」それが毒親及び毒親育ちの世界観です。 毒親は子供をつかって自分が幸せになろうとします。 子供は…そんな親の様子を無意識に学習してしまっています。   ...

© 2020 メンタルチア