不眠症で睡眠薬に興味がある!でも副作用が怖いですよね

心の悩み、仕事のストレスなどで夜眠れなくなることってありますよね。

普段健康な人でも、ちょっとしたきっかけで不眠症になってしまってもおかしくないものです。

人間の体とは思った以上に繊細にできているのですから。

自分では大丈夫だと思っていても、頭が冴えてしまったり、眠気があるのに夜眠れなくなったりすると困りますよね。

睡眠薬は怖い?

例えばどんなに眠くても一日二時間程度しか眠れなくなってしまった。

こんなときは睡眠薬の力を借りたくなります。

でも、睡眠薬って何か怖いじゃないですか?

"眠り"という人間の意識や脳に関係ある部分を強制的に働きかけるのですから、退廃的な後ろめたさがつきまといます。

これはイメージですが、大量に飲んで自殺を試みるのに用いられたり、と普段睡眠薬に縁が無いものにとっては禁断の領域なように感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

実は私がそうでした。というより、今もそうです。

そんな私がやや強めの睡眠薬を飲んでみた結果をお話ししましょう。

 

ワイパックスを飲んだ経験

病院で夜眠れないことを相談すると、ワイパックスを処方されました。

それを飲んでみましたが、体の力が抜けていき、意識が深く沈みこむような感覚に襲われていきました。

しかし、確かに意識は浅くなったのですが、眠れませんでした

睡眠薬を飲んだ後の経過で感じたことは、眠くなって寝るというよりは意識が落ちて寝るという感じになるんだろうなということです。

私が眠れなかったのは、私が予想していたフワッと眠くなるような感覚ではなかったからだと思います。

何か違和感を感じるような体の変化に抵抗感があったのでしょう。

※薬の効き目には個人差があります。これはあくまで私の体験談です。

 

睡眠薬の副作用は気にするべき?

どんな薬にも大概副作用がありますが、それは睡眠薬も例外ではありません。

何人に一人がどんな症状を訴えるのか、など調べればわかりますので、睡眠薬を使用する前に把握しておきましょう。

本当に危険な薬であれば医者が処方するわけがないので、お医者さんから聞いた用法、用量を正しく守って服用するようにすればリスクは低いと思います。

ですが、睡眠薬自体に嫌悪感がある人は使用しないほうが心の健康は保たれるでしょう。

 

睡眠薬に抵抗がある場合は睡眠改善薬を

私のように睡眠薬までは飲みたくないけれど、夜はしっかり眠りたい!という方は薬局で睡眠改善薬を購入してもいいでしょう。

睡眠改善薬でしたら、自然に近い眠りを期待することができます。

私が飲んだときの感覚としては寝不足の日中のような感じになります。

自然な眠気に近いのはよいことですね。

ただし、私の場合は持続時間が長く、昼まで効果が持続してしまいました。

 

夜の休息サプリ

また、しっかりと夜の休息をとりたい方が愛用しているのがこちらのサプリです。

リラクミン

こちらはサプリなので気軽にご利用いただけるでしょう。

しっかり休息が取れない方のために、タルトチェリー、バレリアンエキス、ギャバ、クワンソウ、テアニンなど夜の休息をサポートする成分が存分に入っています。

また、こういうものもあります。

楽睡

緑茶を飲んで"ホッ"としますよね。興奮していた体や心が静まり落ち着いて休息状態に入ります。

実はこの"ホッ"とするのは緑茶に含まれるテアニンという成分のおかげだということがわかりました。

興奮していた体や心が落ち着いて休息状態に入り、脳のα波が増加する原因の正体はテアニンだったのです。

楽睡には緑茶30杯分のテアニンを始め、様々な休息成分が含まれています。

 

どちらもスッキリした朝を迎えたい方に好評です!

-こころとからだの悩み

© 2020 メンタルチア