サイトの説明

自己紹介

名前:エス先生

性別:男

教育を専門にしています。

具体的には某塾で勉強を教えています。笑顔を大切に日々指導にあたっています。

 

Suck
こんにちは!エス先生です

 

私は学習塾にて集団指導個別指導自立型など色々なスタイルの指導を経験してきました。

 

自分が中学受験のときの塾の先生が今でも印象に残っています。

塾の勉強は楽ではなかったはずなのですが、苦しいという思いより塾が楽しいという気持ちが勝っていたのは、塾の先生や友人たちのおかげだったと思います。

中でも、私を志望校に受からせてくれた先生は人間的にも尊敬できる方でした。

その先生のことについて記事を書いています。

もうずっとお会いしていないのですが、今も塾をされています。

 

このサイトでは学習塾、学校、受験勉強、教材に関する情報を中心に、受験産業に関わる者として知っていることや考えていることを書いていきます。

 

サイトのコンテンツの説明

中学受験カテゴリ

中学受験の勉強カテゴリへ

筆者のスタンス

中学受験は年齢上、生徒本人が意思決定していくことができないため、親主導で進めて進めていくことになります。

子どもの能力、性格なども踏まえて適切な学習をさせるには、親自身も受験をする覚悟で臨む必要があると言えます。

家庭の平和、子どもの心の健康を保ちながら満足いく中学受験をするには、一方的な思いを見つめなおさないと実現が難しいものです。

実際に勉強し、受験をするのは子どもであるということを意識した中学受験が望ましいでしょう。

 

私が教育業界に入ったきっかけは、それまでの職に希望を見いだせなかったからという消極的な動機でしたが、学習塾勤務で心を取り戻すうちに学業で押しつぶされる子供だけは作るまい、と心に決めました。

システム的に落ちこぼれる生徒が出るような学習塾には反対する立場です。

中学受験の学習内容

中学受験の勉強は、中学校内容を小学生向けに落とし込んだものですので、多くの保護者にとっても馴染みのある内容です。

ただ、小学生は方程式を使えないため、算数では特殊な解法を用いたり、他科目でも中学校内容をそのままは習わないこともあります。

ですから中学受験は勉強するにも専門的な教育が必要です。

何よりも、小学生はまだ幼いために彼らのキャパシティまで考慮したスケジュールでこなしていかないと、現実的にゴールまで辿り着くことは難しいです。

中学校の部活

メンタルチア
メンタルチア
家族、教育、そして人生の幸せ

どこの学校に目当ての部活があるのか?

あの中学校にはどんな部活があるの?

など面談で聞かれて話すのですが、うろ覚えなことも多いので私自身のためにも一覧を作ってみました。

学校探しの一要素としてご活用ください。

© 2020 メンタルチア