Saku
色々辛いことあるけどさ、前を向いて生きていこうよ。

毒親

親の過保護でバリエーションが少なく発想が乏しくなる!食生活の乱れ

大人になっても自主性がない人間に育つ

大人になってから自分の人生のバリエーションがあまりに少ないことに落胆してしまうことって、ありませんか?

世の中には色んな選択肢があるはずなのに、自分が選ぶのはいつも同じ、もう飽き飽きしているような同じモノばかり。

恋愛、就職も高い理想を描きつつも具体的なプランは全く無く、押し流されるように生きたりとか。

食事に行くときはもういい加減行き飽きたのにいつも同じところになります。

特に、食事に関しては毒親育ちらしさがよく表れると思います。

とにかく、何をするにしても過保護系毒親育ちの子供は腰が重いです。

自分が何かをしようとする前に親がお仕着せのものをササッと用意しているわけですから。

あることがしたい→どういう方法で行うか考える→実行する
このステップの一つ目のところから考える機会を奪われてきたのです。

当然、受動的で、したいことすら思いつかないように育つに決まっています。

 

巣立っても飛べないどころか飛ぼうともしなかった子供

私は結婚するまでの8年間くらい、食事は毎日コンビニ弁当を買い、たまになか卯やマクドナルドに行くのが精一杯でした。

自炊はご飯を炊くことくらいしかできず、食事は誰でも行けるような店にしか行く勇気が出ませんでした。

でも、親がそういう風にしか生きられないように私を育てたことを私は知っています。

「この子は外食しに行っても店に入ることはできないよ」と、ことあるごとに言われたのですが、そんな風に子を育て、平然と放っておく毒親は一体何だったのだろうかと思います。

吉野家コピペを見て吉野家に行くことができなくなり、個人店のようなところはどんなに気軽に行けそうなところでも変な客扱いされたら嫌だと思い、行けませんでした。

とにかく、社会と関わることが苦手になるようにしか育てられなかったんですね。

毎日のコンビニ弁当が本当に嫌になり、あんなもの食べるくらいなら死んだほうがましだと思ったにも関わらず、空腹に耐えられずに行く場所が結局コンビニしかなかったということもありました。

結局、大学生の間などは近所のローソンか、マクドナルドか、なか卯にしか行った記憶がありませんので相当経験値が低い大人が出来上がったことになります。

恐らくこれほどまでにバリエーションの無い食生活は常人だったら耐えられないでしょう。

私も嫌だったんですが、じゃあどうすればいいかと考えても何も浮かんで来なかったんです。

親の都合を優先して育てられたということでしょう

受験勉強を頑張らされ、勉強以外のことは無価値と習い、食事は用意されたものを何も考えずに食べるだけだった子供時代。

食器を洗い場に持っていこうとしたら父親から「男がそんなことをするな」と怒鳴られた記憶。

亭主関白・男尊女卑の考え方を染みこませてプライドは山のように高くなったものの自主性はまるで育まれなかった気がします。

勉強のためだけに全てが段取りされた中で生きてきたのですが、結局その勉強もやる気がしなくなって失速した結果、私に残ったのは何もできない人間という烙印だけでした。

幼い頃には色々経験して幅広い考えを通して自主性を養うのが必要なはずなのに、私にはそれらの機会をを全て奪われてきたようにしか思えません。

過保護=面倒見のよさではなく、面倒ごとを全て排除してしまう親にとって都合の良い行動だっただけで、子供にとっては虐待と何ら変わりないものだったと思います。

これを見てくれているあなたはどうですか?

大人になって苦しんでいる人がいたら話を聞かせてほしいと思います。

-毒親
-,

Copyright© メンタルチア~Mental cheer~ , 2019 All Rights Reserved.