Saku
色々辛いことあるけどさ、前を向いて生きていこうよ。

毒親

味がヘン!?毒親がくれたパンの恐怖 味オンチの一家

料理の味は味付けだけの問題ではない

料理をするとき、普段と同じように調理をしているのに、なぜか違う味になるということがあるようです。

この間のことですが、妻が何かにイライラしながら作った料理は自分で食べてみてなぜかあまりおいしくなかったと言っていました。

ただ単にオクラをゆでただけなのに、いつもと味が違う。

味が薄いのかと、めんつゆを少し足してみたけど、そういう問題ではなかったそうです。

もしかすると料理は作った人の心が味に反映されるのかもしれませんね。

食事とはただひたすら食べる作業だった

私は子供のときの母の手料理がおいしいと感じたことはあまりありませんでした。

飯マズとかそういうのではないのですが、ただ食を楽しむという感覚を持てないような、特に褒めるべき点のないものでした。

それは心がどうのこうのではなく、単に味付けに工夫が無かっただけだと思います。

 

毒親家庭に育つと、食事の時間が恐怖でしかなく、食べても味がしないといいます。

砂を噛むような味という表現がされますが、落ち着いて食べるどころではないのでしょうね。

私の場合はそこまで深刻ではありませんでしたが、味わうという行為をし始めたのは十代の後半になってからだったと思います。

味オンチの一家

我が家の食事の特徴は、家族みんな味覚がおかしかったことです。

母は味がついていない茹でなすびを平気で美味しいと言って食べるし、父は野菜を嫌いだと言って食べず、カレーライスにソースをどぼどぼかけて食べていました。

私は好んで食べられそうなものがないのでレタスにソースをかけてひたすら食べていました。

ドレッシングなど家にはありません。

母は最初からリンゴが入っているバーモントカレーに更にリンゴをすって更に入れるなど、おかしな行為をしていました。

多ければ多いほどいいと思ったのでしょうか?(笑)

たも
なんだか、家族みんなヤバイ感じだね。

私自身は本来味オンチではなかったと思う

惣菜の方がマシ

母の料理はそういう感じだったので、私は買い食いや外食を好み、家での食事の時でも母が惣菜を買ってくることを期待していました。

スーパーの惣菜は当時の私にとってごちそうレベルの味でしたから…

カレーやラーメン、ハンバーグでもお手製よりインスタントの方が美味しかったので、私が美味しいと言うときはいつもインスタントで母は気を悪くしていました。

 

ここまででおわかりかも知れませんが、我が家では食通が好みそうな食材は一切出て
来ませんでした。

カレー、ハンバーグ、スパゲッティならばトマトソース、惣菜のコロッケなど小学生が好きな定番ばかりです。

"美味しい"の基準は昔から持っていた

いえ、もしかしたら凝った食材もあったかも知れません。

しかし、食べてまだ美味しいと思えるものは先ほどの小学生レベルのものに留まり、煮魚やカボチャ、茄子など微妙な味加減が必要なものはことごとく私の口には合いませんでした。

 

これは私の味覚がおかしかったり幼稚だったのではなく、母が味オンチだったのだと思います。

なぜなら大人になって調理法を変えたそれらを食べた私は、素直に美味しいと思ったからです。

大人になってから随分色々な味を知り、世界が広がったような気がしています。

 

また、当時でも親戚のおばが作ってくれた料理はとても美味しく感じていました。

おばの料理はとにかく見た目からきれいで、味付けも細やかに調節されていたのです。

私はおばのような人が母だったらよかったのにと思っていました。

美味しいものを美味しいと感じる舌は持っていたわけです。

 

と、ここまでは母の料理が下手だったという話でした。

このことについては私は特に母を責める気はありません。

母なりに一生懸命料理をしてくれていたからです。

 

本題はここからです。

ありがた迷惑のみやげ

私達夫婦は両親に会うたびにチクッとくる嫌味を言われるので最近はできるだけ疎遠にしていますが、それでも会う必要がある機会も出てきます。

ある時私達は、私の両親の家に行き、帰りに手作りパンをもらいました。

それは町内会で配るのに作った余りの焼きそばパンでした。

 

私は正直、食事は食べたいものを自分で用意したかったのでいらなかったのですが、親は私にそれを渡すために大事にとっておいたようだったので無下にもできず、私は仕方なくもらいました。

要るか要らないかも聞かれず、押し付けのように渡されたというのが正直な気持ちです。

なので、早く片付けようと思い、家に帰ったらすぐに食べることにしました。

 

真冬の部屋の中、寒さを我慢しながらパンを取り出す。

焼きそばパンならどんなものでもそこそこ美味しいだろうと口に入れましたが、あまりに不味くてなかなか飲み込めませんでした。

味が全くしないわけではない。

ただ、何か味のバランスが凄く変で、食感の悪さも相まって何を食べているんだか全くわからないのです。

それは恐怖のパンだった?

妻も同じように感じているようでした。

これを配られた人たちは食べきることができたのか?

クレームは出なかったのか?

そんなことを私は、「私が知っている焼きそばパンではない何か」を食べながら思いました。

しかし、このように感じたのは、もしかしたら私達だけかも知れません。

 

毒を放ってくる親から手渡されたことにより、不快なメッセージが込められた食べ物に変わったのかも知れないです。

オカルトめいた話になってしまいましたが、そうとでも思わなければ納得できないほど変な味がしたパンでした。

-毒親
-

Copyright© メンタルチア~Mental cheer~ , 2019 All Rights Reserved.