ギャンブルは無駄



Suck
色々辛いことあるけどさ、前を向いて生きていこうよ。

こころとからだの悩み

ギャンブル依存症で無駄に費やすお金と時間 衝撃の数字が!

お金の浪費と時間の浪費

パチンコやスロットは時間消費型の娯楽と言えます。

遊戯が一通り終わるまでにそれなりの時間を要し、消費する金額はその時間に比例します。

競馬のように一レースに賭けるようなものではありませんね。

パチンコやスロットって、消費する時間に対して動く金額が小さいんですよ。

仮に一日中パチンコを打とうが、スロットを打とうがどんなに大負けしても30万円は無くならないですよね?

30万円は生活感覚からすると大金ですが、ギャンブルをする者にとってはそうでなかったりします。

一瞬で多額のお金を動かせる競馬、株式、FXなどと比べたら、パチンコやパチスロなどまさに遊戯でしょう(パチスロの正式名称は回胴式遊技機)。

しかし遊んで楽しいからといって負け続けてもずっとやめないのであれば、多額のお金が無くなってしまいます。

一日一万円ずつ負けていったって一年で365万円ですからね。

収支表をつけていない人は結構恐ろしいことになっている可能性がありますよ。

 

金銭的な意味での損失も恐ろしいですが、お金と同じくらい無駄に無くしていっているのが時間です。

若い人ほど時間の無駄はあまり考えないようですが、これがとんでもなく大きな問題なのですよ。

考えてもみてください、自分の一生が例えば80年だったとします。

この時間は増やしはできないのです。

時は金なりといいますが、金では買えないのでそういう意味ではプライスレスです。

その有限な時間を遊技機にどんどん奪われていっているのがギャンブラーの実態です。

予備校時代にギャンブルで受験失敗、大学時代にギャンブルで留年後中退、会社員時代にスキルを身につけずにギャンブル、結婚後に妻子を放置してギャンブル、老後の貴重な時間で寂しくギャンブルなど、人生を無駄にする例はたくさんあります。

 

お金の浪費の影響はわかりやすい

お金の浪費の問題はとても深刻なものです。

一日に何万円もギャンブルに使うような人が、食費に困っていたりします。

お刺身を食べたくても、ギャンブルに使ってしまうからそれすら買えないのです。

ギャンブルをしなければ食べられるのに、退屈で死んじゃうなどと言ってやめられないんですね。

 

貯金は300万円あったって安泰ではないのに、借金は300万円あれば破滅が見えます。

300万円も借金があったら月5万くらいは利息がつきますしね。

それに、お金が無くて借りているくらいなのに、返すことなどできないのが普通でしょう。

きれいごとを抜きにすればそれが実態ですよ。

 

時間の浪費をしている最中はそれに気付かない

時間の浪費はお金のそれに比べると切迫はしていませんが、遅効性の毒のようなものです。

気がついたら取り返しがつかないくらい貴重な時代を無駄にしていたりするんですね。

その時代に夢中になっていたことがギャンブルであれば、それは確実に時間をギャンブルに奪われています。

例えば、十年間で一番夢中になったのがギャンブルなのであれば、その人はギャンブルしかしていないのと同義です。

 

他のこともやっているでしょ、って思うでしょう?

でも身が入っていないものはその人にとって無いのと同じなんですよね。

例えば、ギャンブルで負けて早く帰って来たからその後の時間は家族サービスに費やしたとします。

でもこれはその人の本意ではないんですよね。

その人は調子良くずっとギャンブルをしていたかったわけだから。

 

第二志望にされた家族の側の気持ちも嫌なもんでしょう。

ギャンブルのほうを自分より優先したわけですから。

 

結局そのギャンブラーは、ギャンブルに気持ちを向けた時点でそれ以外の選択肢を消去したことになるんですよ。

結果自分の時間は消え去り、だけど周りは時間が流れているという、時の流れに置き去りにされるようなことになります。

時間は浪費している間は無価値なものに感じますが、立ち直って充実した日々になってくると突然貴重なものに思えてきます。

そして失った時間を振り返ってももう戻ってはこないのです。

 

浪費したお金と時間

30代半ばの知人(20歳頃からギャンブルを始めた)に、今まで浪費したお金と時間を概算してもらいました。

もっとも記録していたわけではないのでズレはあるかもしれません。

算出方法は省略します。

 

お金

大学生:120万円
社会人(約10年):670万円
FXでの損失:400万円

計:1190万円

時間

大学生:8500時間
社会人:8550時間

計:17050時間(24時間で割ると約710日)

 

この結果に、本人は大きなショックを受けていました。

こうやって見ると、やはり時間の損失のほうが遥かに大きいですね。

この時間を有効に使えば何かのプロになれると思います。

 

家族からもあきらめられたギャンブル依存からの回復

ギャンブルに熱中する人はお金と時間を無駄に浪費する以外に、人間関係において大きなマイナスが発生します。

ギャンブラーとしての日常と、健全な日常生活は両立し得ないんですね。

 

ここでギャンブル依存症の人が家族からどう見られているかをご紹介しましょう。

以下の文章はギャンブル依存症の人の親によるものです。

 

家族にギャンブル依存症の人がいる方、身のまわりの物が無くなったり、お金が無くなったりはしていませんか?

ギャンブル依存症になると頭ではいけないとわかっていてもコントロールができなくなるんでしょうね。

お金や物を借りるような感覚で持っていかれてしまいます。

ギャンブラーはギャンブルをせずに耐えることができないから、後先考えずに拝借するんですね。

 

しかしギャンブルなんかで稼ごうなんて、甘いことです。

すぐに全部無くなってしまって言い訳してくるんですよ。

自分が悪いとは思ってないのでしょうね。

 

でもそれで理屈が通るわけがありませんよね!

私はもう子供を信用することができません。

だから、どんなことがあっても最初からお金を持たせません。

人を信用しないというのは辛いですが、ギャンブル依存症の人にお金を任せるのは泥棒の手伝いをするようなものです。

ギャンブル依存症の人はお金についての思考が信用ならない状態にあるので、無駄に信用しないようにしてください。

 

あと家の中の見つかりそうなところにお金を置かないこと。

家族が留守のときに家中を探してお金を見つけられてしまいます。

貴重品や、換金できるものは見つかるところには置かないようにしましょう。

また、寝ているときや、風呂に入っている時も信用できないので鍵をかけて管理するか、肌身離さないようにしましょう。

 

とにかく信用するより先に、悪事を働かせないことを優先して考えてください。

無いものはとれないのですから。

 

もはや家族のことを盗人を見るような目でしか見られない状況になっていますね。

ギャンブルを優先してしまう人というのは、大なり小なり人との関係にひびが入っているのはほぼ間違いないでしょう。

このように、ギャンブルは関わり方を間違えるとお金や時間だけでなく、人生の全てを破壊してしまう可能性を秘めているのです。

 

負け組みギャンブラーがいかに無謀な賭けをしているか

勝者は限りなく勝利を確実なものに近づけてから戦いに挑む

ギャンブラーにはかっこいいイメージもあると思うんですよ。

さすらいのギャンブラーのように、自由気ままに流れ生きていくだとか、命知らずで危険な賭けに出るだとか。

でもそういうのはギャンブラー本人が勝つべくして勝つからかっこいいんですよね。

100%運頼みの一か八かの賭けに出るのは少し違うわけです。

戦略的なギャンブラーは勝利に向けて少しでも有利に働くように仕向けておくとか、敗北要因を除外しておくとか、勝つ可能性を少しでも高めておいてから勝負に挑むのです。

そうして手にした勝利は努力の賜物でもあるわけです。

福本伸行氏の漫画「カイジ」などはそんな感じでしょう。

 

強迫的ギャンブラーは賭けること自体に満足する

しかし強迫的ギャンブラーまたはギャンブル依存症患者は違います。

彼らは勝つ見込みのない戦いをします。

ただ賭け事をしたい、勝負をしたいだけなのです。

パチンコやパチスロで適当な台に座って勝負をするのは、勝てそうな台が見つかるのを待つことができないのです。

そして大負けします。

 

彼らの財布には間違いなく大きな穴があいています。

そうとしか思えないぐらいにお金を次から次に失っていきます。

彼らのもとに行くことになったお金たちはかわいそうです。

ろくでもない浪費をされ、捨てるかのごとき扱いを受けるのですから。

スポンサーリンク

簡単なくじに例えてみると

例えば、100円を払ってくじを引き、当たりが出れば1000円もらえるとしましょう。

この場合、10枚に1枚当たりが入っていればギャンブラーは理論上、損も得もしません。

10回くじを引くために1000円払っても、10回に1回は1000円を手にすることができる計算だからです。

もちろん一回目で当たりが出たら得をしますし、何回くじを引いても当たりが出ないことも有り得ます。

期待値はプラスマイナス0円ということで、くじを引くメリットは無いと言えます。

 

期待値プラスの場合

次に、5本に1本当たりが入っている場合を考えてみましょう。

この場合、5回くじを引くために500円を払っても、5回に1回当たりを引くことが見込めるためくじを引けば引くほど儲かる計算になります。

この場合くじを無限に引くことができれば大金持ちになれます。

このような勝ちが見えているような勝負に徹する者もギャンブラーの中にはいます。

彼らがしている勝負はギャンブルというよりは投資に近いものだと言えます。

彼らはギャンブルに対して興奮しません。

ただ冷静に「仕事」として期待値プラスの行動を積み重ねるのです。

 

期待値マイナスの場合

最後に、20本に1本しか当たりが入っていない場合を考えます。

この場合、20回に1回にしか当たらないので負けは明白です。

やっと当たりを引き当てて1000円手に入れたときには2000円(くじ20回分)使ってしまっているのが普通なのですから。

この勝負は、期待値大幅マイナスです。

 

もちろんこの勝負に挑んだからと言って負けが確定するわけではありません。

運よく1回目や2回目で当たればプラスになるわけですからね。

たまたまうまくいくことはあるでしょう。

でも、いつもそうなる訳ではありません。

長い目で見て、ずっとこのくじを引き続ければ必ず損をします。

それが期待値マイナスの勝負です。

 

自ら進んで負けにいく人

ところで、上に挙げた中で3つ目の期待値マイナスの勝負を繰り返す大馬鹿者がいます。

それがギャンブル依存症の人です。

彼らは期待値マイナスの勝負でたまたま勝ったとき、それは運のおかげでなく自分の実力だと錯覚します。

そして、長い目で見たときに自分のお金が減っていることに気付かないのです。

彼らは目先の勝負にしか注意が向かないので、期待値がマイナスで不利な状況でも「実力」とやらでその困難を克服しようと考えます。

だから、高い金利を払って借金してでも、テラ銭を取られても構わず勝負します。

彼らにとってはその日勝てばそれでいいのです。

大負けしても、次の日にはもう忘れています。

 

賭けたいだけの人はどんなに不利な条件でも勝負をしてしまいます。

それは、ギャンブルをすることが依存症の人にとっては快楽を得る行為だからです。

最終的には勝とうが負けようがどちらでもいいのです。

この世にあるギャンブルは全てプレイヤー側が勝ちにくいようにできているので、有利な条件に拘ると勝負をする機会が減ってしまいます。

だから、そのあたりには目を瞑ってごまかし、己の腕一本で勝とうとし、玉砕していきます。

 

負けへの行進を始める前に

ギャンブル依存症の人は賭けへの歩みを始めたら止まれませんから、とにかくギャンブルを己から遠ざけることが大切です。

上記で説明したようなことは頭では理解できても行動に反映できませんからね。

悲しいですが、ギャンブルをコントロールして適度に楽しむことができないのがギャンブル依存症なのです。

自分のギャンブルを止められない人はまずは自分が依存症だと自覚し、いったんギャンブルから離れるようにしましょう。

意思の力でやめることなどは不可能な病気なのでできれば第三者を頼りましょう。

例えばギャンブラーズアノニマスに行けば同じような仲間がたくさんいますので、自分の行動に歯止めをかけやすくすることができます。

 

ギャンブル依存症という病気について

まず、依存症というのは、本人の気持ちでどうにかなるものでは無く、病気である事を理解しなければなりません。

依存症は本人だけではなく家族も含めて、肉体的にも精神的にも経済的にもさまざまなものを奪っていく特徴があります。

自身は病気になっている自覚が無いのも大きな特徴です。

この問題は、自力で解決したり、自分で責任を負ったりすることが難しいのが現実です。

ですので、家族からすると他人の問題の対処に追われることになり、そうした毎日を送るなかで 追い詰められ、家族の健康も奪われてしまう、ということが非常に多く起こります。

依存症の人の家族は、依存症にかかっている人が「病気」であるということに気付かず、「私が何か一生懸命に頑張れば、彼が良くなるのではないか?」と思いがちです。

しかし、依存症という病気に関して、頑張るという言葉は最もご法度です。

医学的なアプローチから長年かけて向き合っていく必要があります。

これは、ニコチンやアルコール依存症と考え方は根本的には同じです。

 

ギャンブルをやめられなくなってしまうのがギャンブル依存症

ギャンブル依存症でお悩みの場合は第一に専門の外来へ

ギャンブル依存症は、ギャンブルにのめり込んで自分でコントロールが出来なくなる精神疾患です。

これにより、日常生活や社会生活に支障が生じます。

また、ギャンブル依存症から派生して、うつ病を発症するなどの健康問題や、ギャンブルを原因とする多重債務問題といった経済的問題に加えて、家庭内の不和などの家庭問題や、虐待、自殺、犯罪などの社会的問題を生じることも多々あるので注意が必要です。

ギャンブル依存症は、適切な治療と支援により、再び普通の日常生活を送ることが可能になります。

 

しかし、先にも記載した様に本人自身が「自分は病気ではない」などとして現状を正しく認知できないケースが多く、放置しておくと症状が悪化するばかりか、借金の問題なども深刻になっていくことが懸念されます。

そこで、ギャンブル依存症に関する注意事項や対処に困った場合は、まず第一に専門の外来に行く事が必要です。

これには、本人だけでなく、家族の参加も必要になります。

また、ギャンブル依存症対策については、ギャンブル依存症対策基本法に基づき設置されたギャンブル依存症対策推進本部の総合調整の下、各省庁が連携して推進しております。

ですので、各地域で対応窓口があるので、まずは訪問してみる事をお勧め致します。

ギャンブル依存症患者が併発させやすい症状

ギャンブル依存症において、更に別の病気を引き起こす可能性がある事を話しましたが、一番多いものとして、借金から来る家族との不和による鬱病、社会的復帰が困難になり社会との断絶や孤立化から来る鬱病があります。

また、アルコール依存やニコチン依存といった更なる依存症を引き起こして行くケースも少なくありません。

ギャンブル依存症の人はそうで無い人に比べて、他の依存症にかかりやすいというデータもあります。

競馬場やパチンコ屋等で、タバコの吸い殻が凄いのも、それを物語っています。

ギャンブル依存症は脳の病気

近年では、ギャンブル依存症は一種の脳の病気であるという研究発表もされています。

ギャンブル依存症者は、ギャンブルをする際に一種の快楽物質が脳内で流れています。

これが脳内麻薬の役割を果たしている為に非常に治療が時間がかかり、厄介なのです。

ギャンブル依存症で無い人は借金の恐怖感が上回り、ギャンブルへ必要以上に手を染めないのですが、ギャンブル依存症の人は単にギャンブルでの勝ち負けだけでは無く、ギャンブル時の快楽の方が重要なのです。

これにより借金が膨れ上がっていっても止める事が無く、社会や家族から孤立化していくという傾向があります。

ギャンブル依存症から立ち直るには

ギャンブル依存からの回復において家族にとって大切な心構えは、本人が回復に向けて自助グループに参加することや、借金の問題に向き合うことについては「主体性」が重要である事を認識することです。

そして、ギャンブル等依存症が病気であることを理解し、本人の健康的な思考を助けるようにしましょう。

借金の肩代わりは、本人の立ち直りの機会を奪ってしまいますので、家族が借金の問題に直接関わることのない方が良いです。

また、早い段階で、専門の医療機関、精神保健福祉センター、保健所にギャンブル依存症の治療や回復に向けた支援について相談してみましょう。

借金の問題に関しては、消費生活センター、日本司法支援センターなどの窓口に、借金の問題に家族はどう対応すべきか相談してみましょう。

家族だけで問題を抱え込まず、家族向けの自助グループにも参加してみるのも良いと思います。

 

ここまで述べて来た通り、ギャンブル依存症は病気です。

脳の病気に分類されます。

また本人だけでなく、家族の支援が必ず必要になって来ます。

今は各種機関が準備されていますので、まずは訪問する事が何よりも大事です。

直ぐによくなるような病気ではありませんので、長期的に家族と一丸になり取り組んでいくことが大事です。

ですが完治するかはさておき、改善できない病気ではないので早急に取り組み始めてみてください。

-こころとからだの悩み

Copyright© メンタルチア~Mental cheer~ , 2019 All Rights Reserved.