家族

2020/6/1

毒親育ちが身につけていく毒親的で嫌な特徴・行動 20/6/1

毒親育ちが身につけていく毒親的で嫌な特徴・行動 毒親に育てられた私が親そっくりになっていく過程で、どういう性格や考え方を身につけていったのか? 毒親育ちがみな親そっくりになっていくわけではありません。 でも、気づいた時には自分の一部が既に毒っぽくなっていることがあるのです。   一言で言えば陰でコソコソする陰湿なヤツって感じですね。   そういう性格の悪さは手遅れになる前に修正しなければなりません。 毒親持ちの方はどうぞ反面教師にしてください。 嫌な特徴 外ヅラがよい これは複数回指摘 ...

2020/6/1

これに当てはまれば毒親!?毒親の特徴とは?20/6/1

毒親って何? 最近になりよく聞くようになった毒親という言葉ですが、広義的には子どもの成長に悪影響を与える親を指します。 毒親とは、"毒になる親"(英語でtoxic parents、toxicは毒、parentsは親の意味)を略したもので、スーザン・フォワードという人が作った言葉です。 幼少期から毒親に育てられることで、極端に自己愛の強い大人になったり、あらゆることに無関心な大人へと育つ可能性があるのです。 そこで子どもの健やかな成長を妨げる毒のような存在という意味から、近年では毒親と呼ばれるようになりまし ...

2020/6/2

誰とでも寝る女子の小学校時代の特徴 20/6/2

家庭の影響によって性的に乱れていく 成長してから性的に乱れていく女子っていますよね。 そういう異性と派手に遊ぶ女子は、ちやほやされたいんだろうとか、ユルいなぐらいにしか思っていませんでした。 でも、本人がそうなるのには少なからず家庭環境が関係しているようです。 依存症の一つに性依存症というものがあります。 彼女達は育ってきた家庭環境によって、なるべくしてそうなっていくのです。     そして、彼女達にはある特徴があります。 小さな頃から男子の気を惹き付けるような特徴があるのです。 ただ ...

2019/9/20

「母と息子」セットの毒親・ACが少ない理由 マザコン問題

世間で語られる毒親の被害者は大概女性です。 有名な漫画、テレビに出てくる毒親育ちを見て私は毒親のパターンを学習してきました。 ですが、男性が母親を毒親認定し、語っているところはあまり見たことがありません。 では男性にとって毒親問題は縁が薄いのかというと、そうでもないと思います。 そこには声を上げるまでに至らない理由がたくさんあるのです。   男性、女性という違いはありますが、ここでは性差の決め付けはしないようにして現状、男性が毒親問題へあまり関わらないことの理由を考察してみたいと思います。 &n ...

世界仰天ニュース 毒親

2020/5/31

ザ!世界仰天ニュース 毒親 理想を求める母とその娘の苦しみ

毒親育ちと、毒親本人も登場! 11月20日に、日本テレビの「ザ!世界仰天ニュース」で毒親を取り扱った話が放映されました。 毒親対策に協力的な妻が録画しておいてくれたので遅まきながら視聴しました。 毒親育ちとして出演していた宮澤さんはツイッターで私がフォローしている方でした。   放映時はお母さんと仲良さそうだったので現在は毒親問題を卒業しているのでしょうか? 私達のような毒親育ちからすれば毒親との問題は永遠に解決ができないほど難しい問題だと考えがちですが、私は必ずしも毒親との関係が改善できないと ...

2020/5/31

親の過保護でバリエーションが少なく発想が乏しくなる!食生活の乱れ

大人になっても自主性がない人間に育つ 大人になってから自分の人生のバリエーションがあまりに少ないことに落胆してしまうことって、ありませんか? 世の中には色んな選択肢があるはずなのに、自分が選ぶのはいつも同じ、もう飽き飽きしているような同じモノばかり。 恋愛、就職も高い理想を描きつつも具体的なプランは全く無く、押し流されるように生きたりとか。 食事に行くときはもういい加減行き飽きたのにいつも同じところになります。 特に、食事に関しては毒親育ちらしさがよく表れると思います。 とにかく、何をするにしても過保護系 ...

2020/5/31

過酷な幼少期を乗り越えるために必要だった怒りはもう必要ない

毒には怒りで対抗する少年時代 社会生活にも随分慣れてきた今、これまでの人生の過酷な環境は一体何だったのだろうと思うことがよくあります。 ほんの少し自分の意見を言うために多大な勇気を必要とし、反発をする覚悟で行動に出ないといけなかった少年時代。 私の感情的でカッとなりやすい性格はこの時代に醸成され、もはやそれは必然だったと思います。 まともな精神では正気を保っていられない環境ですから。 周囲のおかしな大人に対抗するためには自分も狂気をまとわねばならなかったんですね。   自らの感情に振り回される ...

2020/5/31

毒親は我慢が必要だった過去の時代の遺物へとなっていく

自由に生きることについて現代の若者は真面目に考えていて、色々なしがらみに縛られる必要が無くなっています。 私なども十代のときにはありとあらゆる常識を疑い、理論で武装して世の中に挑もうとしたものです。 「現代の自由」に繋がる行動は現在60代の全共闘世代の頃から見られますが、その世代と私達とでは大きな価値観の隔たりを感じます。 一本しか無い人生のレール 私から見て60代の人達(私の親世代)は社会や家に所属し、体裁を保つことに縛られています。 もっとも時代背景的に自分ひとりで生きられない時代だったから仕方ないの ...

他力本願

2020/5/31

毒親育ちの大きな特徴は他者に依存する「他力本願」

毒親育ちの子は自分の力で何かを成し遂げるという経験が少ないですから、自然と自分以外の何かにすがることが多くなります。 「チャレンジ」という機会を奪われてきた身ですからね。 母親など他者に依存することで生きていけるのです。 自分で何かをしようなどということは空々しい気持ち以外の何物でもありません。 親も子も待ちぼうけの阿呆 「誰かが何とかしてくれる」それが毒親及び毒親育ちの世界観です。 毒親は子供をつかって自分が幸せになろうとします。 子供は…そんな親の様子を無意識に学習してしまっています。   ...

2019/9/20

毒親名言カルタ ハーフ(な行まで) 毒親語録

あんたのためにどれだけいらんことに使ったか 教育費を勝手にジャブジャブ使っておきながら、望みどおりに成長しなかった子供に対して言う言葉。 なお子供側はそもそも何も一切頼んでいません。 勝手に決められて、勝手に進められても子供は何のことだかわかりゃしない。 挙句の果てにはこうして文句まで言われていますが完全に筋違いです。   いらんことはしなくていいんだ 余計なこと、というほどのことでもないが、でも親の目から見て目障りな行動に対して言う言葉。 この言葉によって子供は全ての好奇心を奪われ、世界が閉ざ ...

© 2020 メンタルチア