毒親

毒親

2019/10/6

無関心なものは見えてすらいない毒親

外で何も見ずに歩くほうが難しい 皆さんは外を歩くときはどこを見て歩いていますか? 私はかなり周囲を気にするほうなので、視界に入る人はどういう人かしっかりチェックしています。 大体の年齢、性別、服装を把握しておいて気になることがあったりしたら目を向ける感じです。 私ほどでなくても、周囲をそんなに意識していない人でもずっと下を見て歩くことはできないので、前を見るときに周辺の情報は大体認識しているものではないでしょうか。 そのときに知人が居たら気付くに決まっています。 顔見知りの人が居た場合は少し離れた距離でも ...

毒親

2019/8/4

母の過干渉によって健全な成長が妨げられる過程

健やかな成長には親の応援が必要 人は希望があれば何でもできる。 困難なことに挑戦するには前向きな気持ちが必要です。 特に幼い頃は新たなこととの出会いの連続で、この時期に自信を持って物事に取り組めるかどうかはその後の成長に大きな影響を与えるでしょう。 その自信を与えてくれる大きな存在が親です。 普通の子供は生まれた時から母親に無私の愛を与えられてこの世に受け入れられたと感じます。 そして、成長するのを両親から温かく見守られながら、失敗をしたときには優しく声をかけられたりして健やかに成長していきます。 こうし ...

毒親

2019/9/20

いいねしか言えないの?毒親は子供の語彙を育てず発想を乏しくさせる

子供のコントロールに夢中になるあまり発想が乏しくなる 毒親に育てられた子は語彙が少なくなります。 そもそも、毒親自身も語彙が少ないです。 それはなぜか、毒親が子供をコントロールするときは言葉を用いないからです。 非言語コミュニケーションである表情や態度を用いて子供に親の考えを伝えるのです。   そんなことをするのはなぜか。 それは考えていることが自己中心的で卑怯過ぎて、言葉にしてしまうと化けの皮が剥がれてしまうからです。 そこを言葉にせずに態度では子供を想っているように装いながら、実際は子供を虐 ...

毒親に夢を潰される

毒親

2019/9/20

毒親は否定と強制で子供の人生を潰す

親の幸せが子供の幸せ 毒親は自分の気持ちしか認識することができないので、子供に気持ちがあるとは考えません。 まさか子供が自分と違うことを考えたり、感じたりしているとは思わず、気付きもしません。 子供を一人の人間だと考えることができないのです。   親の幸せイコール子供の幸せだと本気で信じて疑わず、親の考えを子供にも強制します。 子供が意思を持つことはコントロールする親にとって都合が悪いことなので認めません。 子供の意思は「(私が思っていることと違うから)そんなのは駄目だ」と一蹴します。 &nbs ...

毒親

2019/4/21

毒親にかかれば子供の行動など無言の圧力でコントロールできる

一歩目が踏み出せなかった 対人関係で自分の行動をセーブしてしまっていた。 突発的に友達に遊びに誘われたとき、自分は行ってはいけないような気がした。 遊びに行くと世界が広がるが、自分はそれをしてはいけない気がした。 新しい友人になれる気がしなかった。 そんな私の幼少期の話です。 見えない壁があった 目の前にいる彼らは明らかに自分と違う世界に居ると感じた。 彼らは伸び伸びと自由な世界を探索している。 また、お互い気心が知れた仲間らしく双方向に気持ちのやり取りをしている。   母親から一方通行で気持ち ...

毒親

2019/4/23

味がヘン!?毒親がくれたパンの恐怖 味オンチの一家

料理の味は味付けだけの問題ではない 料理をするとき、普段と同じように調理をしているのに、なぜか違う味になるということがあるようです。 この間のことですが、妻が何かにイライラしながら作った料理は自分で食べてみてなぜかあまりおいしくなかったと言っていました。 ただ単にオクラをゆでただけなのに、いつもと味が違う。 味が薄いのかと、めんつゆを少し足してみたけど、そういう問題ではなかったそうです。 もしかすると料理は作った人の心が味に反映されるのかもしれませんね。 食事とはただひたすら食べる作業だった 私は子供のと ...

毒親

2019/4/23

【暑さ寒さがわからない】親の価値観から脱却しないと感覚が麻痺する

まともな感覚が育たず、それに違和感を感じない 暑さ寒さに無頓着 最近妻と、「私が季節感がないこと」についての話をしました。 私は肌感覚でその日が暑い日か寒い日か判断することが苦手です。   外に出て今日はずっと寒いなと思っていたら周りはいつもより厚着で、自分は普段通りだったことや、そもそも季節外れの格好をしていることもよくあります。 それは単に私が服装に疎いだけだと思っていましたが、妻は別の考察をしていました。 幼い頃の日常行為 私は小さい頃から毎朝学校に行く時に必ず肌着のシャツまで着替えていま ...

毒親

2019/4/23

我が子の幸せを祝えない毒親 結婚式でつまらなさそうな顔をする両親

兄妹で違う毒をぶつけられていた 私には妹が居て、少し前に結婚しました。 両親の毒親らしい振る舞いは、私より妹の方が直接被害を受けていました。 直接言葉で駄目出しをするのです。   特に容姿に関してははっきりと文句を言っていました。 体型や、身長に関することです。 人のことはとても言えない体型の親のどこにそのようなことを言う資格があるのかという感じです。   妹は長らく男性と縁が無かったと思います。 そのことをネタにして、「○○(妹の名前)はなかなか彼氏ができない。○○は多分一生独身だ。 ...

毒親

2019/4/23

毒母の強力な念で中学・高校・大学とどんどん投げやりになる毒親育ち

成長する機会を逃した思春期 私は現役で大学に合格できなかったので、高校を卒業して浪人することになりました。 ですが、どこの大学に行きたいというものはなく、無軌道に毎日を過ごしていました。 予備校に行きはするものの、学習習慣が身についていなかったので自習ができず、授業だけをボーっと聞いている状態でした。   そして、お金だけは持っていたので毎日パチスロをする日々。 好きな物を買い、何一つ不自由を感じなかったのでずっと今のままで居たいと思っていました。   私は六年間私立中高に通って、遊ぶ ...

毒親

2019/4/23

適切な行動にもケチをつけずにはいられない毒親 駐車を巡って

駐車を何度もやり直し 一年ほど前に実家に行ったときのこと。 私達夫婦はその日、親に車を借りることになりました。 一戸建ての玄関の脇にある小さなガレージから車を出して出かけました。 そして帰ってきたときのことです。   私はバックで車を入れるために、念のために妻に外に出てもらって見てもらうことにしました。 両親もきちんと私が車を入れられるのか気になるのでしょう、家から出てきて私の様子を見ていました。   私は一、二度切り返して丁度ど真ん中に停めました。 その間両親はずっと黙って見ていたの ...

Copyright© メンタルチア~Mental cheer~ , 2020 All Rights Reserved.