月別アーカイブ:2019年03月

85view

2019/10/6

血の轍(押見修造:作)の感想(ネタバレ有り)

私の記憶と重なる光景 作品を通して思い起こされる私の記憶。 まぶしい光とともに思い出される昔の記憶。 子どもにとって、母親は全世界を代表する人だ。 この世界に生まれ落ちた歓びの気持ちに浸っている幼児期に見える光景は、幻想的である。 そしてその記憶と共に母がいる。 母は、自分の歓びの象徴となっている人である。 自分の記憶が確かならば、母には自分の全てを傾ける価値がある。 盲目的であると言われても私は母を信じたい、と思っている時期が確かにあった。 そして、それは今では色を失った幻影だ。 感覚が訴える、確信犯的 ...

11view

2019/10/5

普通が一番!「フツーの人」の対義語は「優れた人」ではなく…?

普通の人。 この言葉が持つ響きに夢や希望はあまり感じられない。 そしてそれに悩む人がいる・・・ 今回はそんな人の認識を改めようというお話です。   普通の人であることを悩んでいるそこのアナタ! 普通って素晴らしいことなんですよ。 その長所が目に見えていないだけで、実は生きていくのに一番適している特徴なんです。 今からそれを説明いたします。 今後は胸をはっていきていくことができますよ!   普通=つまらないというのは短絡的 普通であることを悩む前に、ちょっと考えてみてください。 普通って ...

71view

2019/10/6

パワハラ、モラハラ、ヤメハラ…世の中に蔓延るハラスメントへの逆襲

ノーモアハラスメントの時代へ 世の中ではセクハラ、モラハラ、パワハラ、ヤメハラなどあらゆるハラスメントが問題視されるようになってきました。 やっとそういう時代になってきたんですね。 更に世の中の人に広く、ハラスメントの本質について知ってほしいところです。 インターネットニュースや雑誌などで取り上げられるハラスメントの例は極端なものや、これはちょっと違うんじゃないか?というものが多いです。   そこまでわかりやすいものでなくても、世の中のあらゆるところにハラスメントは蔓延っているんです。 &nbs ...

8view

2019/10/5

宅地1坪8円はお買い得か?広島県神石高原町の定住促進施策

広島県神石高原町が過疎化で人口減少したことに対する定住促進施策として、宅地を1坪8円で売り出すことを決定しました。 募集は2019年4月からで、宅地の購入条件として小学生以下のこどもがいることや宅地の購入後3年以内に建築を完了することなどがあります。 仕事は現地で見つけなければならない? 最近は移住して田舎でのんびり暮らしていくことが流行っていますが、移住するときには職業をどうするのかが決めておかないといけません。 小さい子供がいる家庭は決まった勤務先があることが殆どでしょうから、そういう家庭が移住を決め ...

Copyright© メンタルチア~Mental cheer~ , 2020 All Rights Reserved.