月別アーカイブ:2018年06月

2020/6/8

毒親名言カルタ 爆笑名セリフ(な行まで) 毒親語録

あんたのためにどれだけいらんことに使ったか 教育費を勝手にジャブジャブ使っておきながら、望みどおりに成長しなかった子供に対して言う言葉。 なお子供側はそもそも何も一切頼んでいません。 勝手に決められて、勝手に進められても子供は何のことだかわかりゃしない。 挙句の果てにはこうして文句まで言われていますが完全に筋違いです。   いらんことはしなくていいんだ 余計なこと、というほどのことでもないが、でも親の目から見て目障りな行動に対して言う言葉。 この言葉によって子供は全ての好奇心を奪われ、世界が閉ざ ...

毒親から解放

2020/6/8

毒親から解放され自立するまでの流れ、必要な環境

毒親と縁を切ったつもりでも、すぐまた元の関係に戻ってしまうということはありがちなことです。 自分を苦しめる存在とサヨナラしたくてもできないのです。   毒親は自分をなかなか放さないし、あの手この手で接触してきます。 毒親は正に妖怪七変化です。 般若のような顔で怒っていたかと思うと、急に猫なで声で甘えてくることもあります。   泣き落としの手を使い始めたかと思うと、それが上手くいかなければ再び怒り出します。 ふと気付きましたが、DVを行う人の行動パターンそっくりですね。 子供は気付いた時 ...

2020/9/2

母の化けの皮が完全に剥がれて本性が丸見えになった日

あまりに衝撃的な出来事でした。 ある日の夜の毒母とのメールのやり取りです。 見返すのも吐き気がしますが私の魂の汚れを浄化するために手入力で書きます。   毒「暑くなったけど体調は大丈夫ですか?たまには連絡を入れてね。心配だから。」 私「はい。」 毒「今日は父さんと人間ドックに行きました。来月10日にはおじいちゃんの法事があります。ごく内輪でするので私達だけでします。明日から仕事で忙しいと思います。時々メール入れてね。」 私「うぜえーよーもういらんふざけんなそのけいさんしつくされたないように吐き気 ...

2019/4/23

親から暗に発された恋愛禁止令

思春期の価値観 私が高校生~大学生の頃は男はどれだけ女と遊ぶかで自分の充実度が決まるところがありました。 価値観が今ほど多様じゃないから、自分の幸福度を測る指標があまり無かったんですね。 今の若い人とはあまり話さないからわからないけど、今はそこまで行動的にならなくても他に楽しく過ごせる方法はいくらでもありますよね。   でもその当時は自分から動いて何かを手に入れないと何も無いような時代でした。 だからこそ、私は躍起になって自分を磨き、ナンパなどにもチャレンジしました。 中学から男子校育ちだったか ...

2020/6/9

セクハラ・性的虐待じゃないのか?思春期に体をベタベタ触る親

思春期を無事通過できるか 思春期になると男子は母親のことが鬱陶しくなり、接触を避けがちになります。 そこで母親が察して子供と適切な距離をとるようにすると、子供は健全に育ちます。 しかし、それをせずにむしろ詰めてきたらどうなるか。 その子は自我の獲得が難しくなります。 親から離れて自分を確立したいときに母親の相手をしなければならないのは苦痛です。 小さい子供の頃は仲良し親子だったとしても、もうそういう時期ではないのです。 子供の時期に合った適切な行動をするのが本当に立派な母親だと思います。 心を侵されている ...

2020/5/21

30代半ばの私がアダルトチルドレンを克服し始めた今の心境を語る

ようやく大人になれてきた まだ自分の行動を制御できていないところもあるけれど、将来への展望は大分見えてきたかなという気がする今日この頃です。 思えば十代終わり、大学に入学したときに私は0歳になったようなものでした。 今まで生きてきたのは何だったのだろうと、周りの世界が自分の中でゲシュタルト崩壊を起こしました。 その時に私はむき出しのままで世界に放り出されました。 そのときからここまで来るのに、それまで生きてきた数倍苦労してしまいました。 でも苦労はしたけど、努力はしてきていません。 努力できる自分になるた ...

2020/6/8

ギャンブラーズアノニマス(GA)ってどんなところ?(体験談)

リンク ※この記事は体験者本人の手記をもとに管理人が作成して了承を得たものです。   Aさん:ギャンブラーズアノニマスに通っていた時期があります パチンコ屋の開店時刻になると体が勝手に動く パチンコに行く前日は興奮で夜もろくに眠れず、パチンコ屋の開店時刻になるとやっとこの時が来たとばかりに家を出る。 本当はそんなに楽しみにするほどのものじゃないことはわかっている。 だけど時間が来たら体が勝手に動いてしまう。 借金のことは頭から外して、その日をどうパチンコでエンジョイするかで頭がいっぱい。 パチン ...

2020/9/2

家庭内で家族の印象操作をする母

毒親は自分の立場を有利にするためなら何でもします。 たとえ他人を悪く言ってでも自分の伝えたいことを効率よく伝えようとします。 でたらめで思いやりの無い母の発言 私の父は大企業勤めで比較的出世しているほうでした。 家から十数分の勤務先へ悠々と行き、帰りは夜の十時半くらいと比較的遅めでした。   でも、この十時半という時刻、今の私ならピンとくるんですよね。 そう、パチンコ屋が閉店する間際の時刻です。 父はしょっちゅうタバコの臭いをぷんぷんさせて帰ってきました。 そのことから、実は夜遅くまで仕事をして ...

2020/9/2

静かな毒親に注意!つかみどころのない「サイレント毒親」

毒親は子供の話を聞く気はまったくない 最近、毒親関係で色んな人のブログを見に行くようになりました。 それを見て思うのは、毒親の姿は三者三様だが、共通するのは毒親は自分の都合しか考えていないということ。 子供がそれによってどれだけ苦しい思いをするかなどとは一切考えない、共感力不足の人種なんですね。 自立する前の時代の息苦しさと言ったら、自分を奪われている感覚などという言葉では言い表せません。 自分だけ終わりのない罰ゲームをさせられているような、自分の周りだけ酸素濃度が低いような、そんな理不尽な気持ちでいっぱ ...

2020/6/8

モラハラ父を倒した日

スパルタ教育の父 毒親と言えば私にとっては母のイメージが強いですが、実は父親もなかなか強い毒を持っています。 特に私がギャンブル好きになったのは間違いなく父の影響です。 父の性格についてもそうですが、その教育方法にも原因があると思えます。 父は私が幼い頃から私に勉強をさせ、できなければ声を上げて怒りました。 幼稚園に入る前にアナログ時計の見方がわからないからって怒るんですよ。 初めて見る時計を少し説明されたからってわかるわけはないでしょうに。 他には、幼稚園で九九を言ったりしていました。 こうして私は必死 ...

© 2020 メンタルチア