廣済堂よみものWeb『父系図』(坪内祐三)

吉田磯吉(1867〜1936)

明治〜昭和初期の実業家・政治家。
松山藩士の家に生まれたが、脱藩。維新後、石炭輸送で成功し、芦屋鉄道社長などを務めたのち、大正14年に衆議院議員初当選。その後、昭和7年まで議員を務める。