廣済堂よみものWeb『父系図』(坪内祐三)

森鷗外

森鷗外(1862〜1922)

明治〜大正時代の軍人・小説家。
東京大学卒業後、軍医となり、ドイツに留学。帰国後、公務のかたわら、明治23年に「舞姫」を発表して文壇に登場。翻訳、評論、歴史研究など多岐にわたり、業績を残した。
写真/国会図書館HP