廣済堂よみものWeb『父系図』(坪内祐三)

幸田露伴(1867〜1947)

明治〜昭和時代の小説家。
明治25年の「五重の塔」で尾崎紅葉とならぶ文名を得る。のちに史伝や随筆、考証に力を入れる。