廣済堂よみものWeb『父系図』(坪内祐三)

内田魯庵

内田魯庵(1868〜1929)

 明治〜大正時代の評論家・小説家。「くれの廿八日」「社会百面相」などの社会小説で注目されたのちに丸善で「学燈」を編集する。ドストエフスキー「罪と罰」の翻訳でも知られる。