廣済堂よみものWeb『父系図』(坪内祐三)

犬養毅

犬養毅(1855〜1932)

明治〜昭和前期の政治家。明治15年立憲改進党結成に加わり、以後憲政擁護運動を展開する。昭和4年政友会総裁、6年首相となるが、7年の五・一五事件で暗殺される。

写真/首相官邸HP