ホーム 『モルテンおいしいです^q^』田辺青蛙 第3回 シカゴへ到着しましたよ Page 2

明日の朝からワールドコンが始まる。

それに備えて今夜は早く寝よう……と目を瞑り、再び目を開けると翌日の昼過ぎだった。

「えっ」

何度時計を確認しても、午後の1時を過ぎている。

「ちょっと、どういうこと? っていうか、時差ボケとかいろんな事情があっても、どう考えても寝過ぎだよね。あ、そういえば、夫はどこだ?」

部屋を見回しても夫はおらず、どうやら外出中のようだった。

この時間帯から参加出来るプログラムもたくさんあったが、寝過ぎたために体中が痛く、頭が重いので行く気になれなかった。

とりあえず、ものすごく空腹であることに気が付いたので、ホテル内の売店で何か買って部屋の中で食べることにした。

ホテルの中には、昨日着いた時には見かけなかったが、コスプレをしているワールドコン参加者の姿もあった。

売店で蛍光色のピンクレモネードと、ソーセージ大のピクルスの入ったサンドイッチを手に取りレジに並んでいると、後ろから「ペプシがあったわよ~」と大声で叫ぶレイア姫(©『スターウォーズ』)がやって来た。

もしかすると、私はいまだに眠っていて、夢の中なのかも知れない。

サンドイッチとピンクレモネード
  蛍光ピンクレモネードとサンドイッチ。
  手前の緑色がソーセージ大のピクルス!

前のページ

目次へ

「モルテンおいしいです^q^」田辺青蛙
第3回 シカゴへ到着しましたよ

目次  1   2