ホーム 『教科書に載らない古代史』関裕二
第10回 人物編:「聖武天皇 豹変の謎」 Page 5

第10回 人物編:
「聖武天皇 豹変の謎」

藤原氏の正体を知ってしまった聖武天皇

くどいようだが、聖武天皇は「藤原の子」であり、藤原氏が朝堂を独占するための傀儡かいらい天皇であった。その聖武天皇が、なぜ、藤原氏と敵対するような行動をとったのだろう。

古代史の英雄・中臣(藤原)鎌足の存在が大きかったから、七世紀から八世紀にいたる藤原氏は、「改革者として王家を盛り立て、民に慕われた一族」というイメージが強かった。

しかし、連載で述べてきたように、藤原氏は蘇我本宗家そがぼんそうけを滅亡に追い込み、蘇我氏が手がけてきた改革を潰しにかかったのだ。

また藤原氏は実権を握ると『日本書紀』を編纂し、蘇我氏の手柄を横取りしてしまった。彼らが目指していたものは、「自家の繁栄」だけだった。事実こののち、藤原氏は朝堂を独占し、日本の土地を、根こそぎ私物化していく。平安時代には、国家財政は藤原氏の私財でまかなわれるようになり、多くの土地を藤原氏が占有し、「きりをさし込む余地もない」と言われたほどだ。

ひょっとして聖武天皇は、「藤原氏の正体」を知ってしまったがゆえに、「藤原氏がいやがること」を始めたのではないかと思えてくるのである。

聖武天皇の勇気――「藤原の子」から「天武の子」へ

前のページ

次のページ

「教科書に載らない古代史」関裕二
第10回 人物編:「聖武天皇 豹変の謎」

目次  1   2   3   4   5  6