ホーム 『教科書に載らない古代史』関裕二
第10回 出来事編:「藤原系女人の乱――県犬養三千代と光明子」 Page 2

第10回 出来事編:
「藤原系女人の乱――県犬養三千代と光明子」

二つの顔を持ち合わせた光明子

宮子が快癒したとき、聖武天皇はたまたま訪問していたというが、その館が皇后宮であったことは、注意を要する。つまり、藤原不比等の娘で宮子の妹にあたる光明子が、館の主だったのであった。偶然が重なったと『続日本紀』はいうが、この「事件」を仕組んだのは、光明子本人であろう。

藤原四兄弟が全滅し、橘諸兄たちばなのもろえ、玄昉、吉備真備きびのまきびら反藤原派が台頭した時代、光明子は反藤原派の意向を汲み取ったということなのだろうか……。そうではなく、光明子は二つの顔を持ち合わせていたのではないかと思える節がある。

光明子は、「楽毅論がくきろん」に「藤三娘とうのさんじょう」と署名し、「藤原の娘」であることを強調しているから、一般的には「藤原のために活躍した女人」と信じられている。だが、光明子の母が県犬養三千代あがたいぬかいのみちよであったことを忘れてはならない。光明子は藤原不比等の娘である以上に、県犬養三千代の娘であったのではあるまいか。

「楽毅論」に「藤三娘」と書かれた光明子の署名

「楽毅論」に「藤三娘」と書かれた光明子の署名

県犬養三千代は、藤原不比等に嫁ぐ以前、美努王みののおおきみと結ばれ、葛城王を産んでいた。葛城王はのちに臣籍降下しんせきこうかし、橘諸兄を名乗る。ところが美努王が筑紫大宰帥つくしだざいのそちに任ぜられ九州の地に赴任している間に、県犬養三千代は藤原不比等と結ばれてしまう。

近年、「やり手の県犬養三千代は、男の力量を天秤に掛けて、藤原不比等を選んだ」という推理も提出されているが、はたしてそうだろうか。県犬養三千代と美努王は天武朝で順調に出世していた。彼らの親族は皆、親天武派であった。

たとえば県犬養三千代の親族のひとりは、壬申の乱で大海人皇子おおあまのみこの東国行きに同行した数少ない舎人の中に入っている。美努王の一家も、壬申の乱に際し体を張って大海人皇子に加勢している。彼らは、壬申の功臣として、天武朝で厚遇された人々であり、それゆえ、県犬養三千代は信頼され、天武朝の後宮こうきゅうで活躍できたのだった。

ならば、県犬養三千代が夫の留守中に、藤原不比等と結ばれてしまったのはなぜなのか……。それは、藤原不比等の掠奪りゃくだつ行為だったのではあるまいか。

藤原不比等が期待した県犬養三千代の後宮の人脈

前のページ

次のページ

「教科書に載らない古代史」関裕二
第10回 出来事編:「藤原系女人の乱――県犬養三千代と光明子望」

目次  1   2  3   4   5