ホーム 『日本全国津々うりゃうりゃ〈休暇強奪編〉』宮田珠己 第17回 四国横断3 Page 5

ぐんぐん斜面を上ったモノレールはやがて尾根筋に出て、そこから少しだけ山が見晴らせた。剣山(つるぎさん)をはじめ、いくつかの峰がポコポコしている。

ああこれか、これを見にここまで登ってきたのか。

と思ったのもつかの間、ものの1分ですぐにまた斜面を下りはじめた。

じっくり見晴しを楽しむひまはなかったが、カタカタコトコト、森の空気が気持ちいい。

そうして合計65分。途中うんざりするかと思えば、そんなことは全然なく、もうそろそろいいかな、満喫したな、と思った頃にゴールとなった。

いやあ、予想以上に満足である。

ただモノレールに乗って行って帰ってくるだけ。そこがいい。途中BGMを流したり、変なハリボテ人形を置いてないところが素晴らしい。余計なものは何もなく、ただモノレールがある。純粋モノレールの旅。

他にも純粋トロッコや、純粋リフト、純粋ケーブルカーなどに、65分も乗れる施設があったら、私は喜んで乗りにいくだろう。

前のページ

目次へ

「日本全国津々うりゃうりゃ〈休暇強奪編〉」宮田珠己
第17回 四国横断3

目次  1   2   3   4   5