ホーム 『日本全国津々うりゃうりゃ〈休暇強奪編〉』宮田珠己 第17回 四国横断3 Page 1

第17回「四国横断3」


3.純粋モノレール


穴禅定(あなぜんじょう)をクリアした翌日。われわれは奥祖谷(おくいや)へ向けてレンタカーを走らせた。このまま四国の中央山稜を西へ横断するつもりである。

腰の痛みは相変わらずだが、車の運転に関しては大きな支障はなかった。運転に使うのはほぼ手足だけで、胴体は動かさないからだ。とはいえ、ただひとつだけ例外があった。それはバックである。

車をバックさせるには、体をひねって後ろを見なければならない。

奥祖谷へと向かう山道はとても狭く、ところどころ車がすれ違えない幅の場所があった。

ということはどうなるか。対向車が来れば、道を開けるためにバックする可能性がある。先方が譲ってくれればいいが、私のほうが退避スペースに近い場合は当然私がバックしなければならない。

んんん、無理だ。今の私には、それはできない。

けれども道のほうはそんな私の都合などおかまいなしである。この狭さで国道というのだから恐れ入る。

私はカーブミラーがあるたびに対向車が来ていないか神経を尖らせた。もし対向車がある場合は、早めに退避スペースのあるところで停めて待つ。相手より先にカーブに突っ込もうなどと考えてはならない。

目次へ

次のページ

「日本全国津々うりゃうりゃ〈休暇強奪編〉」宮田珠己
第17回 四国横断3

目次  1  2   3   4   5