ホーム 『日本全国津々うりゃうりゃ〈仕事逃亡編〉』宮田珠己 第16回 宮崎1 Page 1

タイトルロゴ:金子哲郎

日本全国津々うりゃうりゃ〈仕事逃亡編〉 宮田珠己

第16回「宮崎1」


1.テレメンテイコ女史の災難


携帯が振動したので、見ると、テレメンテイコ女史からメールが届いていた。

「バスに乗られていないようですが、別の交通機関で来られるのでしょうか?」

文面は事務的だったが、それはテレメンテイコ女史ならではの表現であって、明らかにそこには焦りと失望、そして怒りが混じっているのが感じられた。長い付き合いだから、私にはわかる。

テレメンテイコ女史とは、熊本から宮崎県の高千穂へ向かうバスの車内で落ち合うことになっていた。先に熊本に立ち寄っていた私が、熊本駅前からバスに乗り、そのバスに熊本空港からテレメンテイコ女史が乗り込む段取りだった。

メールは、その高千穂行きバスの車内から届いているのである。

私はこのときまだ熊本にいた。バスに乗ってないどころか、レンタカーで古代の城などを観光して回っている最中だった。

私はすかさず返信した。

「午後便に乗るつもりですが、午前便の約束だったでしょうか」

「午前便です。そうお伝えしてなかったでしょうか」

すっかり午後便だと思っていた。あらためて記憶を呼び起こしてみたが、どっちだったか心もとない。私の勘違いであったか、それともテレメンテイコ女史の手違いか。行程表があるわけではないので、よくわからない。とはいえ、相手は段取り魔のテレメンテイコ女史である。この場合80%ぐらいの確率で、私が勘違いしていた可能性があった。

んんん、しまったしまった。しまったけれども、もうどうしようもない。

午後便で行く旨伝えて、私はレンタカードライブを継続した。半日も無駄にさせてしまってテレメンテイコ女史には申し訳ないが、午後便まではまだたっぷり時間があって、ドライブしないのは損なのだった。

ああ、またしても女史の機嫌を損ねてしまった。例によって今回の旅も、厳しい視線に耐えながらの旅になりそうだ。

目次へ

次のページ

「日本全国津々うりゃうりゃ〈仕事逃亡編〉」宮田珠己
第16回 宮崎1

目次  1  2   3   4   5