ホーム 『大江戸怪談あやかし絵草子』外薗昌也 その一 妖しを呑んだ話 Page 1

『大江戸怪談あやかし絵草子』
外薗昌也


その一 妖しを呑んだ話

天和四年正月、中川佐渡守とさのかみ殿が年礼にいらっしゃる供として堀田小三郎という人が参り、本郷の白山の茶店に立ち寄り休みをとった時の話。

「みなの者、ご苦労であった」

家臣をねぎらう堀田。

家臣たちは上士を取り囲むように茶屋の椅子に座り店の者が運んできた茶を口にする。

その家臣団の中に一際目立つ、鼻筋の通った若く美しい武士が一人いた。

名は関内かんない。下層武士の生まれでありながら剣の腕で引き立てられ、家臣団の中に組せられた剛の者である。

「私は水でけっこう」とかねてより質素倹約を標榜する関内は一人水を汲み、いざ飲もうとすると、茶碗の中に見目麗しき若衆の顔が映った。

いぶかしく思い、水を捨て又汲むが、やはり茶碗の中に同じ若衆の顔が見える。

(はて、面妖な。さては妖しの仕業であるな)と面倒くさくなった関内は

「お前は何故に私に取り憑くか」

と言うとそのまま呑んでしまった。


その夜、部屋にて関内が寝ていたところ。どこからともなく黒い煙が湧き影が固まり、やがてあの若衆となった。

「お前は昼間の――」

慌てず騒がず関内は若衆を見やる。

「式部平内と申します」

ほんのりと頬を染め微笑みながら若衆は関内の枕元にひざまずくと、その頭を抱え、

「昼間初めて御意を得ました」と言い、愛おしげに頬を合わせた。

若衆の冷たい頬の感触にはっと我にかえった関内

(これは人ではない)

と枕もとの刀をひっつかみ「やあ!」一刀のもとに斬り捨てた。

「ひえええええ・・・」

若衆はたまらず外に飛び出す。

関内は刀を持ったまま手負いの男を追いかけるが、隣家の境で見失ってしまった。

騒ぎの音に人が次々と集まり、屋敷内は騒然となる。

「まったく私は身に覚えがない。表門をどうやって通ったのでしょう」

「表門には誰も通った形跡がありませぬ」

人々は集ってその理由をいろいろと話し合うも、どれも腑に落ちない。

一人悄然とする関内。

目次へ

次のページ

「大江戸怪談あやかし絵草子」外薗昌也
その一 妖しを呑んだ話

目次  1  2