廣済堂よみものWeb 著者プロフィール

関裕二

関裕二

歴史作家。1959年千葉県柏市生まれ。趣味で奈良に通い詰め、独学で古代史を学ぶ。1991年に『聖徳太子は蘇我入鹿である』で衝撃的デビュー。以来、古代をテーマに意欲的な執筆活動を続けている。

著書は、大好評を博した「正体シリーズ」の三部作『藤原氏の正体』『蘇我氏の正体』『物部氏の正体』(以上、新潮文庫)、『「日本書紀」が隠し通した天皇の正体』『逆転の古代史!』(以上、廣済堂文庫)など多数あり。

ここ数年の古代史ブームの先駆けであり、いまや古代史分野のトップランナーである。