廣済堂よみものWeb 著者プロフィール

宮田珠己

宮田珠己

1964年、兵庫生まれ。旅エッセイを中心に執筆活動を続ける。『東南アジア四次元日記』『旅の理不尽 アジア悶絶編』『わたしの旅に何をする』『ウはウミウシのウ』『晴れた日は巨大仏を見に』『ジェットコースターにもほどがある』『ふしぎ盆栽ホンノンボ』『ときどき意味もなくずんずん歩く』『なみのひとなみのいとなみ』『スットコランド日記』『スットコランド日記 深煎り』『だいたい四国八十八ヶ所』など、著書多数。『東南アジア四次元日記』で第3回酒飲み書店員大賞を受賞。Webマガジン幻冬舎にて小説『カミシンデン奇譚』を連載中。